卵子の老化を改善するには?|卵子の質についても

卵子の老化を改善するには?卵子の質についても書いています

卵子の老化を改善するには?

卵子と睡眠の関係について

投稿日:

人間は1日の生活の1/3を睡眠にあてています。

それほど睡眠は生活に重要なんですね。

睡眠不足になってしまうと体の至るところに不調が出てしまいます。

そして病気を発症させてしまうんですね。

睡眠不足は健康だけでなく卵子の質も低下させてしまいます。

これから卵子と睡眠との関係について

・睡眠不足による影響

・質のよい睡眠を取るには

この2点から説明します。



睡眠不足による影響について


睡眠不足になるとまず精神面で不安定になります。

睡眠は毎日の疲労を回復させる効果があります。

その睡眠が不足してしまうと疲労が蓄積されてしまいます。

経験がある人もいるでしょうが、それにより些細なことでもイライラしてしまいます。

人間がストレスを感じると交感神経が活発になり、ホルモンバランスが不安定になって卵子の成長を妨げてしまうんですね。

次にプロラクチンです。

これは母乳の分泌を促進させるホルモンですが、睡眠不足になると多く分泌されてしまいます。

するとストレス同様に卵子の成長が妨げられてしまいます。

これはプロラクチンが上記のように母乳を促すホルモンで、母乳を出している間に妊娠してしまうと体の負担が大きくなってしまうので排卵自体を抑制させます。



質のよい睡眠を取るには


では質のよい睡眠はどのように取れるのでしょうか?

理想的な就寝時間は午後10時とされています。

この時間に就寝するとメラトニンが多く分泌されるからです。

メラトニンとはホルモンの一種で細胞を回復させる効果があります。

これにより毎日の行動で傷んだ細胞を修復させるだけでなく、老化の原因である活性酸素から卵子を守ってくれます。

メラトニンは目に光が入ると分泌量が減少するので就寝時は電気を消して暗くしましょう。

また就寝前にパソコンやスマホをしていると目に多くの光が入ってしまい、なかなか眠りにつけなくなってしまいます。

なるべく避けるように意識しましょう。

その他に睡眠の質を上げる方法として就寝前にストレッチをすすめます。

ストレッチをするとリラックスして、ついウトウトするのでそのまま寝てしまいます。

当たり前ですが、いくらウトウトしても布団に入ってから寝て下さい。

何もかけないと風邪を引いてしまいます。

ストレッチ以外にもアロマテラピーや音楽を聞くこともおすすめです。



卵子と睡眠の関係のまとめ


卵子と睡眠の関係について

・睡眠不足による影響

・質のよい睡眠を取るには

この2点から説明しました。

睡眠は毎日取るものです。

良い睡眠を取れば体質と卵子の質は良くなります。

しかし悪い睡眠だと卵子の質は改善しません。

最近は面白い深夜番組が多いですが、妊娠のためには我慢しましょう。

-卵子の老化を改善するには?

Copyright© 卵子の老化を改善するには?|卵子の質についても , 2017 All Rights Reserved.